読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*DreamBell

アニメ・ネトゲ・Tiesto・京都サンガの話題を中心にぼちぼち更新中です。

2013 J2第38節 京都vs札幌に行ってきた

Football 京都サンガ Photo

2013/10 J2第38節 京都vs札幌 #01

10月唯一のホームゲームとなる札幌戦に行ってきました。札幌戦というと私的にはどうしても2年前の10月の試合を思い出すのですが、その再現とまではいかなくてもキッチリ勝ってくれて良かったです。

 

にしても最近にしては珍しく前半良くて後半ダメなパターンでしたね。もう前半は見ているこっちが驚く位中盤の3人が圧倒的で、どんなボールもほとんど拾えててどうなってしまうのかって感じでした。特に工藤ちゃんの運動量が凄まじくてこんなにコンディション良さそうと感じたのはホント2年前の札幌戦以来じゃないかなってぐらいで。それに加えて最近絶好調な倉貫に秋本まで今まで見た中で一番良いんじゃないかって感じで。そんな中で前半徐々にペースを上げていく所で山瀬のゴールが決まりまして流れを引き寄せる感じに。いやそれにしてもこのゴールも凄かった、あそこから一人で決めてしまえる辺り流石でした。

 

確か7月頃の酒井ちゃんがCBをやり始めた頃のホームゲームでしたでしょうか。バキがやたら酒井ちゃんにボールを預けて『お前行け』みないな感じにプレーしてたのが印象的でしたが、この日は下畠君をそんな感じで使ってたのかなぁとか思ったりも。安藤がいる時は右から組み立てることが多いのでその為でもあるのかもしれませんが。下畠君はこの日でスタメン3戦目ですがやっとゲームに慣れてきた感じがあって良くなって来ましたね(ていうかまだ20歳でプロ3戦目と考えると相当良いと思うんだけれども)。何本かいいサイドの崩しやクロスもありましたしこの調子でレベルアップして欲しいですね。

 

しかし後半は一転してあまりよく無かったのが気になります。特に後半中盤辺りからは顕著にセカンドボールを拾えなくなりましたし。そこで倉貫と横谷を下げてヒロキと三平を入れたわけですが、大きく戦況を押し返す程の変化は無かったかなぁと。山瀬や三平が裏を狙おうとしても後ろと意思統一が出来てない感じでしたし、サイドのボール回しもその次の展開に行けないダメな時に戻ってしまってあんまりでしたし。ただ札幌側もあまり調子が良くないのか決定的なチャンスはスンフンが止めたフェホのヘッド位でしたので致命傷にはなりませんでしたが、次の2戦がトップ2と考えると少し不安かもしれません。

 

2013/10 J2第38節 京都vs札幌 #02

コーナーキックを蹴る山瀬。前回のホームではまさかの病欠とアンラッキーでしたが相変わらず調子は良さそうです。古巣相手に1ゴールと結果も出てますし原・横谷に続いて2桁狙っていって欲しいです。

 

2013/10 J2第38節 京都vs札幌 #03

大木さんが笑顔で歩いてるのもなんか珍しいなぁとか思ったり。前半戦でホームの勝率が悪い頃は死にそうな顔してましたしね・・・、やっぱ勝つのは大事です。今年は昨年のような事にならないよう最後まで全力で突っ走って欲しい。

 

2013/10 J2第38節 京都vs札幌 #04

ユース同級生の駒井君と下畠君。2011年入団でスカラー出身プロ選手としては先頭に立つ世代でもありますのでいつか京都を代表する選手になってくれたらいいですね。あとバックスタンドの万歳はキャプテンがいないので誰が行くか迷って結局下畠君でした、初々しい感じで客席の反応も良かったです。

 

2013/10 J2第38節 京都vs札幌 #05

絶好調だった工藤ちゃん。何故札幌戦になると爆発するのかよくわかりませんが、今日は終始機嫌が良さそうでいつもと違うような。なにか嬉しい事でもあったんでしょうか。それにしても後半開始時に交代で入ってきた札幌のフェホさんとなんかよくわからない握手をした時のあまりにあんまりな身長差に吹いた。

 

2013/10 J2第38節 京都vs札幌 #06

本日ヒーローの3人。MOMはバキ、というかバキはいつもなにかしら貰ってる気がする。京セラ賞は倉貫、今日も抜群の存在感でした。安藤が怪我でいないのでキャプテンマークも巻いてるんですね(交代した時は秋本らしい)。ヒーローインタビューは山瀬、なんか和田さんのよくわからないインタビュー攻撃を喰らってましたが、現地のスピーカーが悪くてあまり聞こえなくて残念でした。

 

2013/10 J2第38節 京都vs札幌 #07

今日のパーサくんはサンバ仕様。試合開始1時間前のサンバショーではサンバ隊と一緒にパーサくんとコトノちゃんも踊ってました。なんかサンバというよりドリフっぽかった気がしないでもないですがまぁいいか。