読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*DreamBell

アニメ・ネトゲ・Tiesto・京都サンガの話題を中心にぼちぼち更新中です。

3年ぶりにマザーボード交換

昨年12月頃だったと思いますが、3年使っていたGIGABYTE MA78GPM-UD2HのLANが突如見失うようになりましておかしいなと思ったらやはりチップが逝ってしまった様です。そこで10年程前に買ったCoregaのLANボードでその場しのぎをしつつIntelのLANボードでも買おうかと思ってたのですが、ふとビックカメラ京都店に行ったら3年前すごく欲しかったGIGABYTE MA790GP-UD4Hが新品3180円で投げ売りしてたのでもうこれでいいかなと思わず買ってしまいました。

f:id:setukadb:20150413230403j:plain
左が今回ので右が3年前に買ったもの。ほぼ同時期に出た商品ですが箱も透かしが入ってたりと豪華です。にしても17800円が3180円てどんだけ売れ残ってたんだよって感じですが、あそこのパーツ売り場結構そういう売れ残りがあるのでちょっと古めのパーツとかだとたまーに掘り出し物があったりしますよね。

そんなわけで箱はちょっと痛んでいましたが中身は非常に状態が良かったので特に問題ない感じ。UD2Hと違ってSATAケーブルも4本ですしコネクタキャップもついてるしGIGABYTEエンブレムもついてるしでやはり上位製品は違いますね。機能的にもUD2Hと同じくオンボグラフィックとSide Portメモリ搭載品ですのでこの辺も丁度良かった。

f:id:setukadb:20150413230401j:plain
あとボード眺めてたら気づいたんですがどうやらSide PortはElpida製みたいです。

f:id:setukadb:20150413230402j:plain
CPUは相変わらず愛用してるPhenom II X3 720 BE。前のマザーからクーラー取るときかなり緊張しましたがなんとか無事でしたw

このCPUについては3年前にも書きましたが、今は亡き寺町J&Pでお願いして取り寄せてもらった所謂4コア化を発覚させた初期流通ロットの当たりと思われるモノです。なので今回マザーを780Gから790GXに変えたことでAACが使えるので試してみました。

f:id:setukadb:20150413230404j:plain
結果はSSの通り、やはり正真正銘の当たりでした。最初はF1 BIOSで試してみて普通に成功、その後BIOSをこの板の最終であるF7C BIOSでも試してみましたがこちらも成功。F1だと一度電源を完全に落として再起動をかけると起動しないという現象もありましたがF7Cだとその辺は解消されてるっぽいですね。ただ相変わらずCPUナンバーなどの色々なデータが正常に取得できないのはどうしようもないようです。

f:id:setukadb:20150413230400j:plain
あとは適当にケーブルとか整理してみたり。ケースファンの接続も何パターンか試してみましたが制御できるコネクタは限られてるので寒い間はこの二股ケーブルでしのごうかなと。暑くなったらまた考えよう。にしてもこのケーブル、ネットで調べて寺町に買いに行ったんですがドスパラ250円で工房TWOTOP340円とか隣同士でこの値段差は流石にどうかと思う。