読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*DreamBell

アニメ・ネトゲ・Tiesto・京都サンガの話題を中心にぼちぼち更新中です。

ひだまりスケッチ×☆☆☆ #07

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第7話 「5月3日~4日 7等分の日」。

ひだまりスケッチ×☆☆☆1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

ものっすごい久々にひだまりスケッチの話。最近アニメはほとんど見てないのですが木曜日(関西MBS)のデュラララ!!とひだまりは何だかんだと面白いし安定してるので楽しみにしてます。あとはやっぱ1・2期と違ってサイドカットじゃないのもポジティブな要素でしょうか。

でまぁ何故突然ひだまりの記事書こうかと思ったかと言うと、昨日アニメ見るまで完全に存在を忘れてた智花が再登場したことでしょうか。いやーもう冗談抜きに完璧に存在を忘れてまして素でビビりました。しかも相変わらず微妙な空気感が何ともいえません。

そもそも智花の役割って1期の日付ギミックの最後のネタだった気がしますが、でもそれって1期だけアニメ化するって限定した場合の話でその後どうする気だったんだろうか?。結局2期でも若干出番が増えたとはいえ特に何もしなかったし原作もその辺は全くフォローする気も無いようですし、なんかその辺曖昧にしたままで気持ち悪い感じが抜けません。そして今回の話について言うと、これまでひだまり荘組ともあまり会話が無かったなずなさんが初対面の智花とやたら冗舌に絡みまくるのもどーなんかなぁと。

次に声の話ですがホントに釘宮さんで良かったんだろうかって疑問です。いや別に1期の時と印象が違うとかそういう話ではなくてですね、この方の本来持ってる能力から考えるとどうもパフォーマンスが低すぎるのではないかなぁと。まぁその辺は人気声優さんの宿命的な問題もありますけどメインキャラのキャスティングに非常に満足してるだけにいささか疑問が残ります。乃莉やなずなもちゃんとはまってるのに何でこの子だけ浮いて聞こえるのか不思議なんですよね。

とまぁそんな感じで正直内容については楽しく見れたので特に言うことも無かったりしますが、改めて見てみるとなんか気になるお話でしたって話です。・・・にしてもBD1巻のジャケ絵いいなぁ。

そうそう誤解が無いように言っておきますが(×365の時もチラッと書きましたが)、1期放映当時私は相当釘宮さんが嫌いだったのでかなりウンザリしてたのですが、今現在では全くそういうことはありません・・・ていうかむしろ大好きですハイ。あれ程嫌いとか言いまくってたくせにアリサやナギや大河さんでスッカリ骨抜きされた所に、これまた大嫌いだった瞳子さんがいつのまにやら『あっれー超可愛えぇ!!』とかなってて気がついたらよくなってました。最近ではマニアックですが乃木坂のアリスとか最高ですよね!(*´ω`*)