読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*DreamBell

アニメ・ネトゲ・Tiesto・京都サンガの話題を中心にぼちぼち更新中です。

スケッチブック ~full color's~ #13

スケッチブック ~full color's~第13話『ひとりぼっちの美術部』。

テレビ東京系アニメ「スケッチブック~full color’s」サウンドスケッチブック

最終回ということで今までのまとめの様な感じでお花見と空が1人で絵を描くお話。


とまぁそんな感じで実に最終回らしい最終回で良かったですね。

しかし最終回なのに自己紹介をする新キャラが2人とかちょっと待てとw

しかもセリフ無しでしたがEDにも1人いましたよね。

大場さんは無事出演を果たしましたようでいやはや。

公式サイトで紹介してるのにガチスルーとかいうネタでも面白かったんですが

流石にそれは無かったか、にしてもやっぱあの校舎の下歩いてたのそうだったのねw

にしてもあの締めは反則だわー、ホント全く予想してなかった。

もう空が夏美と葉月に呼びかけるシーンとか最後喫茶店のおねーさんに

自己紹介するシーンとかマジでヤバかった。

ED曲も村松健さん作曲のスペシャルソングとかこれも反則過ぎるわー。

サビのたんぽぽ水車ってとこが泣ける・・・ってこれサントラに入ってないのね。

公式サイト見た感じドラマCDに収録ってことでいいのかなこれは。

スケッチブック~full color’s~ ドラマCD Sketch Book Stories

あとはそうですね・・・空閑先輩と先生が地味にオイシイとこ持っていきましたよね。

空閑先輩は妙な語りで、先生はらしくサラっと各キャラの特徴が生かされてますね。

そしてもう1つ・・・来年1月スタートでARIAがこの枠引き継ぐからまさか灯里ちゃんとか

出てこないよなぁとか考えてはいたのですがマジでやりやがったwww

私はどちらも大好きですし大歓迎なんですけどね。

このぐらいの遊び心ならいいんじゃないですかねぇ。

まぁ何とは言いませんがどこぞのアレやらナニみたいに1つのネタをまるまる別作品の

ネタで固めるとかいう空気読めないことをしてるわけでもないですし。


と話がそれましたが。

とりあえず今期私が一番楽しみだったスケッチブック~full color's~は個人的に

大満足でした。心配してたクオリティ低下の兆候も全く見られませんでしたしね。

第1話から一貫して随所にこだわりのある演出でホント良かったと思います。

ARIAの二番煎じだの繋ぎだのって話は正直全くもってExactlyとしか言い様がないので

個人的には別にどうでもいいかなぁって位の印象でしかありません。

ていうか第1話や今回のエンドカードを見てもわかる通り作ってる側もそう思って

作ってるのは誰が見ても明らかですし今更ゴチャゴチャいう話でもないかなぁと。

とまぁそんな感じで私的には文句の付け所がほとんど無いので

また次でもあればいいなぁとか思ってりもしますがひとまずこの辺で。

来年もネタが無ければ・・・というか無いでしょうけどw

適当に何か書いたりしたいなといったところでしょうか。

とりあえずもう少しアニメ雑記に限らず文章書くフットワークを軽くしたいのが

正直な所です、今はちょっと時間がかかりすぎでダメですね。

というわけで今年1年ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします。