読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*DreamBell

アニメ・ネトゲ・Tiesto・京都サンガの話題を中心にぼちぼち更新中です。

Windows 8.1 updateとSSDとGTX 750に交換した話 その2

デスクトップのスクリーンショット
その1の続きで今回はWindows 8.1 updateについて。

とりあえず適当にいじってデスクトップはほぼいつも使ってる様な感じになりました。この画面だけ見たらもういつものWindowsですし、8.1にしてからも特に困ったことは無いのですが、それは私が初めて使ったバージョンが8.1 updateだったからなのかもしれません(ちなみにVistaと7と無印8は一度も使ったことがありません)。

◆インストール・初期設定
前回言った通りSSDが変な設定になってたので躓きましたが、インストール自体は速かったです。インストール後の初期設定も随分簡単になってますし、アカウントのテーマカラーが選べるのもいいですね(私はもちろんオレンジ)。あと8.1 updateになってOneDriveが標準で組み込まれたらしいので、出来ればインストール前にPC専用のMicrosoftアカウントを取ってスマートフォン等で2段階認証アプリを入れておくと超便利。これさえ用意しておけば後は全部勝手にやってくれますし。

◆起動・シャットダウン
もう笑える位速くてこれだけでも本当に8.1にして良かったと思った。私のマザーは2009年製でまだBIOSだった頃のやつなので最新の機能とかは使えませんが、BIOS抜けてロック画面まで平均2~3秒、シャットダウンに関しては1秒かからない位。SSDの恩恵もあるのでしょうけどにしても速い。

ただ初めて再起動した時のロック画面には困りました。いきなりなんかよくわからない色鉛筆が潰れたみたいな画像に時計が表示されてるだけで『これは一体何なのだろう・・・』と。結局クリックしたら普通にパスワード入力になって、あーそういうことかとw。

デスクトップPCにロック画面を強制してる時点で色々言いたいこともありますが、なんでもスキップさせる設定入れるのも楽しく無いので、私は好きな絵師さんの壁紙を設定してヒャッハーする方向にしました。パスワード入力したくなくなるのが若干困りますが。

◆スタートメニュー
まず最初にやったことを言うと、壁紙をスタートメニューも千夜ちゃんにして、最初から入ってるファイナンスだとかニュースだとかのモダンアプリを片っ端からアンインストール。モダンアプリは試しに何個か起動はしてみましたが、いくら私がモダンUIに寛容でもデスクトップで実用するのは流石にナイ。8.1 updateになってからは関連付けも外されたらしいので消しても特に問題起きませんし。

それからは普通に今まで使ってたソフトをインストールして、デスクトップ・スタート画面・タスクバーによく使うショートカットを設定(ピン留め)すればいつも通り。ただアレなんですよね、タイルは並べ過ぎると千夜ちゃんの顔が見えなくなるのが困る(ちなみにこの壁紙はごちうさ2巻のとらのあな特典をスキャンして作った自作壁紙です、取り込みスケールや色補正に苦労しました)。

あとはタスクバーから設定出来る挙動の問題ですが、これはもう好みとしか言いようが無い様な。とりあえず左上と右上の機能は邪魔なので切りました。タイルはランチャーみたいな感じにしてるのでデフォルトでも特に困らないかなと。なので所謂クラッシックスタートメニューの復活ソフトとかは入れてません。ていうか8.1使い始めて1日で慣れたのでもう必要とすることは無いと思います。

◆プログラムや周辺機器
メインで使ってたものは今のところ問題無い感じでちょっと安心しました。今回8.1 updateにして一番びっくりしたのは周辺機器のドライバなどを自動で入れてくれることでしょうか。昔は全部手動で色々手順とかもあった気がしますが、そんなのもうやらなくてもいいんですね。

グラフィックドライバは再起動したら勝手に入ってたし(一応最新版のGeForceドライバで更新しましたが)。プリンタもCanonのかなり古いモデルなんですが、USB挿して電源入れただけで型番認識して印刷ユーティリティまで勝手に設定されました。iPhoneiPodは問題がでるわけありませんし、SonyコンデジもPlayMemoriesで何もしなくてもOK。東芝ガラケー(確か07~08年辺りのモデル)も普通に認識。

ソフトも今のところ特に不便も無い感じ。更新されてる様なソフトは結構64bit対応も進んでますし、結構古い世代のソフトもそこそこ動きますし。K10statも手動で使う分にはXPの頃と変わりませんでした。

◆現在の印象
そんな感じで8.1 updateに変えてから思うのは、全然普通に行けそうかなと。無印の8や8.1は使ったこと無いのでどうかは私にはわかりませんが、8.1 updateは十分使えるレベルじゃないかなと。

起動はヤバい位速いし、UIは恐ろしくサクサク動くし、繋ぐだけで何もしなくても大抵のものが動いてしまう柔軟性も見るに、余程の事情でも無い限り個人レベルで使うなら旧ver.で粘る必要性も無さそう。ていうか私はもう戻れる気がしません。

やっぱりOSはその時一番新しいの買っといた方がいいんすね。今更ながらに2009年に自作用のOS買った時XPじゃなくて64bit Vista(春頃だったので7はまだ出てませんでした)買っとけば良かったとワリと後悔してます。あの頃の私はちゃんと下調べせずにXPを買ってしまってホント愚かだった。

それと今後のことも考えると今8.1にしといた方が楽そうかなと思ったのも理由の一つでしょうか。来年辺りに出ると言われてるWindows 9もそこまで大きな方向修正するとは思えませんし。またアップグレードの優待パスとかもあるかもしれませんしね。

まぁこれで当分は快適にPCが使えそうなので個人的にはかなり満足です。